わたしが『アクセスバーズを受けた感想ページ』、をつくらないワケ

セッションを受けてくれた方で何人か「今度、バーズのクラスの受講をすることにしました~」という方がいて嬉しいです。(あ、ウチはクラスやってないです←2015.9時点。今はやってます。)

accessbars35

セッション受けて「なんかこれは面白いぞー」と思ってもらえたわけで。

超はげみになります。

ちなみにウチは「モニターセッション」と銘打ってますが、感想はギムにしてないです。
よくある、「お客様からの感想ページ」みたいなのも作るつもりないし。
ご意見もご感想も、送っていただいたものはすべて自己消費です。ひとりでにやにやするなり落ち込むなりします。

お客様からの感想ページ、をつくらないワケ

わたし自身がいろいろヒーリングとか受けてきた経験を振り返るに、
感想ページがあるとまず自分の悩みとおんなじ悩みが書かれてないかを探すじゃない。
でもって、頭の中は95%ぐらい、自分にも同じことが起こるかな、起こって欲しいな、いやいや無理かなってそればっかりで埋められるじゃない。

でもって。
その通りのことが自分に起こる確率って一体どれぐらいなのか。
まー…わたしの場合はほとんど、いや全然?起こらなかったかな。笑

そうするとさ、

「やっぱり私ダメなんだ」

って自己否定に走っちゃうのよね。

たった一つの答えにフォーカスしてしまうこと、それって大変にもったいないことだと思うのです。

ぶっちゃけ「ソレ」がセッションの効果なのかって証明できなくない?

もしある人がセッション受けて帰りに100万円拾ったとして、それがそのセッションのお陰だなんてことは証明できないわけで。
その人がセッションのお陰だといえばそうだし、関係ないといえば関係なくなる、そんなもん。

なーんて言ってしまうと身も蓋もないけど。

じゃあなんでアクセスバーズのセッションやったり、受けたりしてるのかというと、なんかしらんけど面白いなと思うからです。

仮に別になーんの変化もなくても、受けるとキモチイイから、だけでもセッション受ける理由には十分だと思ってるからです。

というか、

そうしろと囁くのよ、わたしのボディが。

001_size5
すいませんパクリました。

ちなみにわたしのスピ好きっていうか不思議好きは結構筋金入ってまして。

小学校低学年?ぐらいかな、本屋で故ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ先生著の「ルネの魔女っこ入門」とかいうタイトルの本を親にねだって気持ち悪いもの見る目で見られたからね。

そこからしばらく愛読雑誌は「My Birtheday」だし。

実は劣等感を味わうのが大好きなんじゃない?

それだけ不思議好きだから、いままでいろんなヒーリングやらアチューメントやら受けてきました。そのくせ全然体感とかないの。
ずっと何かを感じられることに憧れてきたし、感じられないことに焦燥感とか劣等感すら覚えていたけど、なんかもうどうでもよくなってきた今日この頃。

別に体感あったからそれがどした?って。
なんでそこで劣等感をいだく必要があったのか、今となっては謎。

ひとつ分かったのはまわりと自分を比べて劣等感を味わうのが好きなんだってこと。「好き」って別にそれが楽しいわけでも嬉しいわけでもないけど、まー無意識に四六時中やってるよね。

試しに自分で自分のここがダメ、って思ってること、親の目や他人の目、世間体を感が無かったらどうだろう、って思ってみると、あーら不思議!「何か問題が?」ぐらいになったりして。

そして話のオチが行方不明です

単に、セッションに来てくれた人からクラス受けるって聞いて嬉しくて書き始めた記事だけど着地点が行方不明です。帰ってきて!

いろいろ考えてることはあるのですが、それを見える形に落とし込むって難しいね。
数ヵ月後にはまったく違ったこと言ってるかもしれないし。笑
とりいそぎ本日の記録としてアップします。

アクセス・バーズ(Access Bars®)&アクセス・ボディプロセス(Access Body Process®)★60min6000円~


accessbars38

大阪難波駅より約20分のマリスステラではアクセスバーズ&アクセスボディプロセスのモニターセッションを実施中。最高のマッサージのようなリラクゼーション効果を♡