アクセスバーズのセッションを受けた後の注意点

・お水をしっかり取ってください。
・塩分、糖分もしっかり取ってください。

これ、バーズのテキストにも書かれてます。

…なんだけど、いままでウチにモニターセッションに来てくれた方で、すでに他所さまでバーズを受けたことがあるって方が全員が「初耳です」って言うので驚いているところです。

accessbars15

バーズは脳に溜まった不要な情報を「放電」してリリースして行きますが、その過程で身体のなかの水分や塩分、糖分を消費します。

お前それ見たんかい、と言われると自分で実験データなんて取ってないですけどね。でもアクセスバーズをやってるってことは、そのコンセプトを信じてるってことだから、やっぱりこの注意事項はキチンとお伝えしとかねばと思うのです。

ていうか私が丸一日ぶっ倒れてたからね…

というのも、わたしが最初にバーズを受けた時もこの注意事項は一言もなくて、昼間受けたんだけど家に帰ってからベッドに倒れ込み→夜中一旦目を覚ますも気力がなくてシャワーだけ浴びて再びベッドに沈没、という体験をしたからなんですが。

あと、施術受けてる時に手のひらにぴりぴりした感じを覚えてて、あとからバーズのコンセプトの「放電」を聞いた時になるほどー、と思った次第です。

だから「客観性のある科学的データ」を自分自身で検証したことはないですが、自分の実体験からわたし自身はバーズの「放電」というコンセプト、めっちゃ信じてます。

(このあたり、体感はひとそれぞれなのでこんなケースもあるんだなぐらいに思っておいてください)

よくなんでもセッションを受けた後に体調を崩すと「好転反応」という言葉が好んで使われますが、わたし的に自分が体験したのは「好転反応」だとは思ってません。

平たく言うとスポーツしてる時に水分補給を怠ったのとおんなじ状況ですわ。水分と電解質が急速に失われて補充を怠ったので、言ったら軽い熱中症みたいな感じ。ちゃんと補給さえしたたら避けられたハズ。

丸半日ブッ潰れたので、ひとこと教えて欲しかったなー、って。

テキストではコーラがオススメされてます(笑)

ちなみに、バーズを作ったのがアメリカ人だからか、テキストでは「コーラ」がオススメされてます。

わかるー。運動した後の炭酸って身体に沁みる感じで美味しいからねーwww

「コーラ」なんていうと、いわゆるバリバリスピリチュアルな人とか、マクロビ信者さんとか糖質制限論者さんとかには思いっきり眉をひそめられそうだけど、「え?手っ取り早いじゃん?」って感じでサラっと実用性で押してくる、この感じが、わたしがアクセスバーズを好きなとこです。

ちょっと前にSNSで流れてきた

104歳のおばあちゃん、40年前から毎日ドクターペッパーを飲んで元気に過ごす『忠告した医者はみんな亡くなったよ』

を思い出しました。

コーラやドクターペッパーが身体に悪いとか悪くないとかじゃなくて、そういう制限から自由になったほうが楽しそう。

なんか最後ちょっと論点ずれたけど、バーズを受けた後は

・お水をしっかり取ってください!
・塩分、糖分もしっかり取ってください!

宜しくお願いします♡

アクセス・バーズ(Access Bars®)&アクセス・ボディプロセス(Access Body Process®)★60min6000円~


accessbars38

大阪難波駅より約20分のマリスステラではアクセスバーズ&アクセスボディプロセスのモニターセッションを実施中。最高のマッサージのようなリラクゼーション効果を♡