What right about me in my body that I’m not getting? 私のボディで私の知らない魅力はどこ?

アクセスのいいところはですね、クラスを受けるにはもちろんお金を払わなきゃならないのですが、そこで習うツールなんかがyoutbeなどで結構無料で公開されちゃってるとこです。

…英語だけど。Englishだけど。気合で雰囲気を読むのです。
ちなみに動画の右下の歯車マークを押すと字幕表示ができる動画もあります。自動生成だとちょっと甘いですが。無いよりマシってね。

先日、F/L1クラスに参加してきたのですが、「それどっかで見たやつや」っていうのがちらほらと。

アクセスのファンデーション&レベル1に参加してきました

2015.11.07

そんななかで最近のわたしのお気に入りのツールです。

What right about me in my body that I’m not getting?―私のボディで私の知らない魅力はどこ?

鏡を見るときって、

―もうちょっと目が大きかったらなー
―鼻低いなー
―肌荒れてるし
―髪の毛もまとまらへんし
―このケアなのブツブツなんやねん
―ちょっと!まぶたたるんでるやん
―ホウレイセンまじやめてー

…ってダメだしタイムじゃないですか?

でもって、ある程度の年齢になると、

「歳やししゃーないか」

って結論。ハイ終了。

鏡を見るのがイヤ、ってひとも実は結構いるんじゃないでしょうか。

そんなひとは鏡をみてダメだしが始まりそうになったらすかさず、

私のボディで私の知らない魅力はどこ?

です。

「どこ」かは自分で探さなくていいです。訊きっぱなし。
勝手にボディかエナジーが「え?どこってどこだっけ!?!?!」って探してくれます。笑

私のボディで私の知らない魅力はどこ?
私の目で私の知らない魅力はどこ?
私の鼻で私の知らない魅力はどこ?
私の肌で私の知らない魅力はどこ?
私の指で私の知らない魅力はどこ?
私の髪の毛で私の知らない魅力はどこ?
私の骨格で私の知らない魅力はどこ?
私の眉毛で私の知らない魅力はどこ?
私の唇で私の知らない魅力はどこ?
私の….

わたしの場合は、ダメだしをしそうになったところ片っ端から質問にチェンジ!
ずどーんとした感じがかるーくなります。

アクセスでは「結論」からは何も生まれない、常に「問いかけ」の状態でいろ、といわれるのですが、まさしくね。
「歳やししゃーないか」って結論づけちゃったら、ずどーんとした気持ちにのままもうにっちもさっちも、どこにも行けない。
でも「どこ?」ってクエスチョンしたらそこから先が広がります。
答えは自分で探さなくてもいいんです。

これをやり始めてから鏡を見るのが楽しみになりますよ。

言うだけタダなのでぜひお試してみて。

ユニバースにお願いしちゃおう♡―”Universe, show me something beautiful?”

2015.07.08

アクセス・バーズ(Access Bars®)&アクセス・ボディプロセス(Access Body Process®)★60min6000円~


accessbars38

大阪難波駅より約20分のマリスステラではアクセスバーズ&アクセスボディプロセスのモニターセッションを実施中。最高のマッサージのようなリラクゼーション効果を♡