アクセスバーズの再受講に行ってきましたー!

accessbars48

別にファシリテーター(アクセスバーズを教えることができる人)になる気は当面無いしなあ。
夏に広島に行った時に疑問点とか解決しちゃったしなあ。
お金もかかるしなあ。だったら新しいこと仕入れたいしなあ。

広島までアクセス・ボディプロセスを習いにいってきました!

2015.08.20

…という感じで再受講は当分しないだろうなと思っていたのです。

アクセスバーズは3回違う人からクラスを受講するとファシリテーターになれるのです。

が。

先日ボディのクラスを受けたベテランファシリテーターさんがバーズのクラスもすると聞いて、なんだかむずむずしたので急遽行ってきました。

どうせいつかは再受講するつもりなんデショ?だったら8年以上のキャリアがあって世界中でクラスをやっているファシリテーターさんのクラスを受けない手はないデショ?しかも地元開催ダヨ?とわたしのなかのわたしが囁いたので、誘惑に負けて行ってきました。

やっぱりベテランのファシリテートはすごいなーと思った話

当日の参加者はみんな再受講だったので、ノーマルなクラスの基本は押さえつつ、プラスアルファが盛りだくさんで「なるほどー!」という発見がいっぱいありました。

それにしても参加者の状況、出てきた質問に合わせて、その場その場で最適な流れを作っていく、”ファシリテート”ってこういうことなんだなあと思わされました。

一方的にただ知識を教えるだけじゃあ”ファシリテーター”ではないんですよね。。。

Wiki先生によるファシリテーターの役割

その会全体の運営・管理の責任者
グループ・プロセスの観察者であること
グループ・プロセスの援助者であること
スケジュールを管理する
講義および実習のインストラクター
wikipedia

ううむ。わたしにこれが出来る日はくる??

ひさびさにがっつりバーズを受けてスッキリ!

カリキュラムに2回のバーズの実習があるので、2回セッションを受けてきました。わーい。

自分が受けるほうになるのは久しぶりです。

バーズのいいところは受けている時ほどで無いにしろ、やっているほうにも効果がる(←私は勝手に「お釣り」と呼んでいる)ことなのですが、やっぱりガッツリ受ける側になるのはいいですね。

実際、自分がやる側の立場でもバーズのセッション後はスッキリするし、フェイスリフトのセッション後は肌のハリが違う気がします。笑

ちなみにたまに「セッションやってて疲れないですか?」って聞かれるのですが、わたしの場合はこの「お釣り」狙いなところがあるのでセッション大好きです。

ギブアンドテイクが同時進行で起こるところがアクセスのいいところです。
アクセス用語でコントリビューション(貢献)といいます。
与えている側も実は与えられていて、与えられている側も実は与えているのです。

アクセス・バーズ(Access Bars®)&アクセス・ボディプロセス(Access Body Process®)★60min6000円~


accessbars38

大阪難波駅より約20分のマリスステラではアクセスバーズ&アクセスボディプロセスのモニターセッションを実施中。最高のマッサージのようなリラクゼーション効果を♡