Right Voice for You(ライトボイスフォーユー)に参加してきました

ディレイニーのRight Voice for Youのクラスに参加してきました

この2月3月と海外のファシリテーターが来日し、現在進行形で日本のあちこちでさまざまなクラスをやっています。
わたしも何か参加しよう!と思ってクラスリストをつらつら眺めているときに、絶対参加する!と思ったのがこのクラス。

accessbars84

正直パケ買いならぬタイトル買いです。
いちおうどんな内容なのかなーってクラスの詳細も読んでみたけど、

あなたはどんな灰色の人生をやめて、フルカラーで、サラウンド・サウンド・システムつきの人生に切り替えませんか?
人前に出るのが恥ずかしくて、いつも影に隠れていませんか?それとも、もっともっと、いろいろな舞台で活躍するのが夢ですか?

このクラスは、世界を相手に、あなたの発言力と存在感を広げるための空間とツールを提供します。
ファシリテーターのディレイニは、アクセス・コンシャスネスのツールを応用しながら、あなたの空間の拡張と変化を、楽しく易しく促していきます。話すこと、歌うこと、体を動かすこと、クリエイトすること、生きることなど、何でもとり扱うことができます。

無限の存在である自分を発揮して、クリエイトしていきましょう!

「Right Voice For You」のクラス。ファシリテーターはディレイニ・ディレイニーです。

うん、いつもながらなんだかわかったようなわからないようなかんじ!
でもそのタイトルだけ他から浮き上がって見えたからしょうがない。

付け足しで「無理やり歌わせたりすることはありませんのでご心配なく」なんてコメントがついてたりしたので、あ、これは希望者(生け贄?)は歌ったりもアリなクラスなんだなと予想。笑

もし自分が歌うことになったらなにを歌おう…?と曲を考えたり歌詞をチェックしてみたり、クラス開催までの間もわくわくどきどき。

…なーんて書くと、人前で歌ったりするのが好きな人間だと思われそうですが、何を隠そう、

カラオケはヒトカラ(一人カラオケ)派です

よっぽど気心が知れた友達の前なら歌うけど、人前、それも初対面のひとの前で歌ったりとかナイわー、ナイナイ。

歌を歌うのは好きなんだけど。
どれぐらい好きかというと、昔はほんとうに歌が歌えないというかそもそもドレミファソラシドのファの部分で声がひっくり返ってソラシドがまーーーーったく音になってないぐらい声がでなかったんだけど、それをなんとかしたくて何年もボイストレーニングに通ったぐらいには好きです。

普通3ヶ月で進級していく基礎の基礎クラスを「もうちょっとここで頑張りましょうね」って言われて3回転か4回転ぐらいしたおかげで、曲を選べば歌らしいものを歌えるようにはなりました。

そんなこんなで、声にコンプレックスがものすごくあるので、このクラスのタイトルを見たときは「これ、私のためのクラス!」って思っちゃった。笑

アカペラで1曲歌ってきたよ!

そしてやっぱりありました生け贄タイム。笑

希望者が前に出てパフォーマンスを行い、ファシリテーターのディレイニーがそのエナジーを美味しく料理していきます。
なんで「生け贄」って言ってるかというと、周りで見てるだけの人も受け取る選択をすれば、同じ変化を受け取れるからです。
わざわざ恥ずかしい思いをしなくても、楽したかったら見てるだけでいい。

でもね痛いぐらい心臓バクバクさせながら、「やります!」って手をあげちゃった。
やっぱりやめとこうかなとかぐるぐる頭痛くなるぐらいぐるぐるぐるぐる考えてたから、手を挙げたのは3人目だか4人目。

「人前で歌うとかよっぽど歌に自信あるんですね~」
「歌手目指してるの?」
「なんでそんな一生懸命になってるの?」
「うわー、その程度でよく人前に立てるね?」

etc…etc…
そんな批判?批評?を受けたくなーい、ってわたしの頭が言ってる。
オーケーオーケー、だからいつも隠れてたんだね。

ずっと透明人間だったかも?

2016.02.13

でもわたしのカラダは歌いたい、って言ってる。

えーい、人がどう思おうと関係ない。私は私のために、歌いたいから歌う!

…そしたらいつの間にか足の震えはどっかに行ってたし、ほんとに楽しくなっちゃった。

「Fly me to the moon」を歌ったのですが、人前でアカペラで1曲歌うとか人生初の体験かも。

アクセス・バーズ(Access Bars®)&アクセス・ボディプロセス(Access Body Process®)★60min6000円~


accessbars38

大阪難波駅より約20分のマリスステラではアクセスバーズ&アクセスボディプロセスのモニターセッションを実施中。最高のマッサージのようなリラクゼーション効果を♡