IS THERE ANYTHING GREATER THAN LOVE―愛より偉大なものとは?

英語が(話せるよりも聴けるよりもとりあえず)読めるようになりたいと切実に思う今日この頃。なーんて思ってるだけではしょうがないので努力の跡を。
気になる記事の全文訳をちょくちょくやっていこうと思います。
こういう目標があると最初の5行で飽きずにすむ。笑
Cafetalkとかでこういうの添削してくれる人見つかるかしら?

IS THERE ANYTHING GREATER THAN LOVE

By Gary Douglas
Monday, May 6th, 2013

出典:http://garymdouglas.com/is-there-anything-greater-than-love

accessbars72

Is there anything greater than love?
In a simple answer, yes there is. Gratitude. To have gratitude for someone means to have no judgment of them, or you. With gratitude, you can be grateful for someone whether or not they are being kind, happy, sad, angry or anything else they’re choosing. With love, there is always judgment.

愛より素晴らしいものはあるのでしょうか?
一言でいえば、あります。感謝(グラティチュード)です。誰かに対して感謝するということは彼らに対して、そして自分自身に対してジャッジメントを持っていないということです。
感謝(グラティチュード)、他人が親切であろうと、ハッピーであろうと、悲しんでいようと、怒っていようと、はたまた何を選んでいようとも受け入れることが出来ます。
愛は常にジャッジメントです。

There are expectations of what you must be and do to show you love someone: ‘If you loved me, you would do this for me’, ‘If he loved me he would have bought me a single red rose, not a dozen!’ Love has a godzillion definitions! Do you love your family the same way you love your cat? Or your friends the same way you do your lovers? Even with unconditional love, you still have to judge whether or not it’s something you can be unconditional about!

そこには自分自身がどうあるべきか、愛をどう表現すべきかについての期待があります。
「もし私を愛しているなら、私の為にこれをしてくれるはず」「もし彼が私を愛してくれていたなら、1ダースじゃなくて1輪の赤いバラをくれたはず」
愛には無数の定義があります。飼い猫への愛と家族への愛は同じものですか?友達に対して恋人と同じようにふるまえますか?無条件の愛でさえ、自分が無条件の愛を与えるにふさわしいかというジャッジする必要があります。

So what if it wasn’t actually ‘love’ that we were looking to have with each other?
Gratitude is one of the five elements of creating true intimacy. The others are honoring, trust, allowance and vulnerability. The key to becoming intimate with your partner always begins with becoming intimate with yourself. To have a relationship that truly contributes to expanding your life, you must be willing to create these elements for yourself and with your partner.

もし本当は「愛」が私たちがお互いの間で求めているものでなかったら?
感謝(グラティチュード)は本当の親密さを作るための5つの要素のひとつです。他には、称賛すること、信頼、許容、無防備さがあります。パートナーと親密になる鍵は常に自分自身と親密になることからはじまります。自分の人生を豊かにすることに本当に貢献してくれるリレーションシップを築くためには、この5つの要素を自分自身とパートナーに対して進んで築いていく必要があります。

In an intimate relationship, each individual honors himself or herself and is willing to do what is right for them. You honor the other person and treat them with regard. You are willing to allow your partner to do what is right for them without judgment and without requiring them to be anything other than who they are. This means that you also trust the other person to be exactly who they are, and not what you wish or want them to be.

親密なリレーションシップにおいては、自分自身を称賛し、自分の為になると思うことをします。相手を称賛し敬意をもって彼らに接します。相手をジャッジせず、また相手にないものを要求することなく、したいと思うこと好きにさせます。このことは自分がこうなってほしいと望んでいるパートナー像ではなく、本来の相手を信頼しているということになります。

Along with trust and honoring of yourself and your partner, you want to be in allowance of the other person and not judge their choices, thoughts or beliefs as right or wrong. Allowance is where everything is just an interesting point of view. You allow the other person to have their point of view and you don’t feel the need to criticize. Criticism is based on judgment – ‘I want you to do it my way’. In allowance you do not try to stop your partner from being different than you are. And you do not stop you from being different to them. You have a life and you let your partner have a life.

自分自身とパートナーを称賛し信頼していくことと同時に、寛容になり、良いか悪いか彼らの選択や考え、心情をジャッジしなくなります。寛容さは全てのものをIPOV(面白い観点)と捉えるところです。他人のPOV(観点)を認め、それを批判する必要を感じません。批判はジャッジメントです。「わたしのやる通りにやってよね」
寛容性の中ではパートナーが自分と違ったやりかたをすることを咎めだてしません。そして自分のやり方が他の人と違っているからと言ってそれを止めたりもしません。自分自身にも人生があり、パートナーにもパートナーの人生があるのです。

Vulnerability is also present in intimate relationships. A lot of people misidentify what being vulnerable really is. Vulnerability is when you are totally present with you and whoever is in front of you, with no barriers. An example of using barriers would be when your partner is angry. How often do people automatically put their barriers up, get their hackles up, or ‘harden up’ for a fight? If you are willing to recognize that is what you are doing, and say ‘You know what? I am not going to have my barriers up here, I am going to push them down and receive all of this without a point of view’, it is amazing how the person will run out of steam very quickly! That is because there is no wall for them to bang up against anymore. Being willing to be vulnerable is to not go to your defense systems or fend off real communication with upset, judgment or withdrawal.

無防備さもまた親密な関係に必要なものです。多くの人が無防備さというものの本質を見誤っています。無防備とは自分自身のすべてを表現している時です。誰の前であろうとバリアを持ちません。バリアの1つの例はパートナーが怒っているときです。たいがい自動的にバリアをはり、首の毛を逆立てて、戦闘態勢にはいるでしょう?
もしあなたが自分の行動を認識し、「ねえ?わたしはいまここで壁を作る気はないの。壁をなくして先入観なしに受け入れてみようと思うの」と言ってみたらどうでしょう。どれほど早く彼らの怒りが治まることか。なぜならそこには彼らが打ち壊さなければならない壁はもうないのですから。進んで弱さを見せるということは防御システムを作動させるわけでも、動揺やジャッジメントや駆け引きで本当のコミュニケーションをしないということではありません。

The great thing about these elements of gratitude, honoring, trust, allowance and vulnerability is that you do not require to be in a relationship to have these for you. In fact, having a relationship is not the source of intimacy. You are. By you being willing to be the source of gratitude, honoring, trust, allowance and vulnerability with and for you, it is then you can bring into your life people who will contribute greatly to you, whether or not they are someone you choose to have sex with.

感謝、称賛、信頼、許容、無防備さの素晴らしいところは自分自身に対してこれらを持つために他人との関係を必要としないところです。本当のところ、関係を持つことは親密さの本質では無いのです。それは自分自身です。自分で自分自身と、また自分の為に感謝、称賛、信頼、許容、弱さであろうとすることで、そこから自分の人生に大きく貢献してくれる相手が現れます。セックスする相手であろうとなかろうと。

Speaking of sex, do you notice that it is not actually mentioned in the elements above? Sex, or more specifically copulation, is not a part of creating intimacy. You can include sex in intimacy but it is not what creates intimacy. Sex is something our bodies get to do as an exuberant expression of life and if we allow it to be, it can be fun and playful and totally without significance, much like a game of Frisbee. What if you were to do your whole life from the fun of it?

セックスについてですが、それが親密さの要素に入っていないことに気づきましたか?セックスやそれに類する行為は親密さを築くことに関係しません。親密さの中にセックスを入れることはできますが、セックスが親密さを築くことはありません。セックスは私たちのボディが行おうとする生命の熱烈な表現のひとつだというだけです。もしそれを許せばとても楽しいものになるでしょうが、それだけです。フリスビーをするようなものです。
その楽しみだけで全ての人生を作るとしたらどうでしょう?

アクセス・バーズ(Access Bars®)&アクセス・ボディプロセス(Access Body Process®)★60min6000円~


accessbars38

大阪難波駅より約20分のマリスステラではアクセスバーズ&アクセスボディプロセスのモニターセッションを実施中。最高のマッサージのようなリラクゼーション効果を♡